Facebook Instagram Twitter
アブレイズコーポレーション

2021/10/01

TV電話での内見のポイントは?



◆TV電話を利用した内見が増えている!

遠隔地に住んでいるため、どうしても実際に内見できない方や感染リスク削減のため、最近ではTV電話によるご内見の希望も増えてきています。

本来であれば、実際にお部屋をご内見いただく方が良いかとは思うのですが、どうしても内見に行けない方のためにTV電話での内見の際に注意すべきポイントをご説明いたします。


◆家具家電などが入るか、しっかりとお部屋の採寸をしてもらう

TV電話でのご内見でもお部屋の雰囲気とかはわかると思いますが、実際に自分が行った時のように、家具や家電が入りそうかどうかという点まではTV電話ではわからないことが多いと思います。TV電話で内見してお部屋を決めたのはいいけど、実際に引越ししてみたら家具が入らなかった!なんてトラブルがあったら大変です。予め家具や家電のサイズや特徴などを伝えておき、不動産会社のスタッフに確認してもらうのも良いでしょう。

また、搬入経路やカーテンの準備などもあるかと思いますし、コンセントやTVアンテナ、電話回線などの位置も重要となりますので、お部屋全体を細かく採寸してもらうように不動産会社のスタッフにお願いをしてください。


◆バルコニーや廊下も確認してもらう

音はなかなかTV電話でも伝わりにくいかと思います。大通りに面していないか、鉄道路線が近くにないかなどは地図などで事前に確認ができますが、実際の音の状況は当然ですが地図ではわかりません。また、マンションですと遮音性能が高いため、窓を閉めた状態だと外の音はなかなかわからないことが多いです。不動産会社のスタッフにはバルコニーや廊下に出てもらって撮影してもらい、周辺の状況や音がどんな感じなのかをできる限り確認してください。


◆室内だけでなく、共用部分も見てもらう

室内だけでなく、その物件の共用部分もしっかりと見てもらうようにしましょう。

先ほど廊下も撮影してもらい・・・と言いましたが、お部屋から廊下に出た周辺や、エントランス、駐輪場、ごみ置き場など共用部分にも生活に影響する部分がたくさんあります。物件図面には共用部も含めて設備などの記載がありますが、駐輪場が整理されていない、ごみ置き場が分別されず荒れ放題なんてことがあっては困りますので必ず確認した方がよいでしょう。また、物件の掲示板には様々な注意書きが書かれていることがありますので、確認してもらってください。


◆周辺環境を事前確認

お引越しの際、周辺の環境も大切になるかと思います。

特に周辺がどんな雰囲気のところなのか、駅までの経路はどんな感じか、スーパーやコンビニは近くにあるのか、病院や学校はどこにあるのかなど、TV電話のでご内見前にGoogleマップなどで周辺を見ておくとよいでしょう。また、物件の周りの環境はGoogleストリートビューで実際に見ることもできます。

また、事前に確認して気になる点を予め不動産会社のスタッフに伝え、実際に確認してもらうようにすると状況もわかりやすいかと思います。


◆物件の写真も撮ってきてもらう

後で確認したいことが出てきてしまった・・・などと言ったことを避けるために、物件の写真も撮ってきてもらうようにしましょう。室内だけでなく、共用部や外観、建物周辺の状況など細かく撮影してきてもらってください。

採寸図と写真があれば内見後も家具の配置などのイメージが作りやすいかと思いますし、再度確認もできます。


◆まとめ

TV電話でのご内見の場合、入居後のトラブルを避けるためにしっかりと確認することが多々あります。

確認漏れがないように、不動産会社のスタッフと実際に内見する前に色々と打ち合わせをしておくとよいでしょう。

なお、アブレイズ・コーポレーション東京駅本店ではTV電話での内見もきめ細やかにご対応させていただいておりますので、まずはお気軽にご相談下さい。



ご相談はLINEでも受け付けております!

友だち追加



この記事をシェアする

CONTACT

お店で直接相談したい方・
お問い合わせ・ご質問はここからどうぞ

法人契約・社宅等のご相談は
こちらからお問い合わせ下さい

INQUIRY

初期費用「最安値」宣言! お問い合わせはこちら

TOP