Facebook Instagram Twitter
アブレイズコーポレーション

2021/10/25

IT重説とは?~不動産屋さんに行かなくても説明を受けることができます!



◆IT重説とは?

IT重説とはTV電話のシステムなどを用いて賃貸借契約に関する重要事項説明を行うことです。

そもそも賃貸借契約書への記入や捺印は郵送で行うことは違法ではなく、一般的に行われていることではありましたが、重要事項説明については宅地建物取引士(以下、宅建士)という資格を持った者が、対面で重要事項説明を行わなければならなかったのですが、2017年からパソコンやテレビ、タブレットなど対面とほぼ変わらない状況で、双方向にやり取りの出来る環境であれば遠隔での重要事項説明も可能となりました。

これにより、インターネット環境などが整っていれば、遠隔に住む方のご契約手続きも可能となっております。また、どうしても忙しくて不動産屋さんに行くことができない方も同様にご契約手続きが可能です。


◆そのそも重要事項説明とは?

重要事項説明とは契約書記載の中でも特に大切な事項を宅建士が説明することが法律で定められております。

賃貸であっても安くはないお引越しに際して、借主が不利にならないように行うのが意図となっています。

敷金礼金などお金に関することや、浴室乾燥機独立洗面台など設備に関することなど様々な説明を行います。

なお、重要事項説明については以下のリンクにて詳しくご説明させていただいております。


重要事項説明って必要なの?


◆IT重説を受ける際の注意点

上述のとおり、借主が不利となる契約を防ぐために重要事項説明が行われます。

実際に対面ではなくても、内容はよく理解し、不明な点があれば積極的に聞いて納得することが重要です。

また、IT重説の際、不動産会社側は重要事項説明の内容を録画・録音しなければなりませんので、映像の記録が残ってしまうことは注意してください。

また、インターネット環境も重要となってきます。回線速度が遅いなどの問題があると通信が途切れ途切れとなり、重要事項説明ができない事態になってしまいますので、事前にチェックが必要です。


◆まとめ

遠隔に住む方、時間のない方にはメリットとなるIT重説は、コロナ禍の影響もあってかその利用数は増えてきております。

また、自宅で気軽に受けれることのも大きなメリットとなるでしょう。

うまく、IT重説を使って余裕のあるお引越しを実現しちゃってください!


なお、アブレイズ・コーポレーション東京駅本店でももちろん、IT重説に対応しております。

また、TV電話システムを用いた、接客対応やご内見も可能ですのでお気軽にご相談下さいませ。



ご相談はLINEでも受け付けております!

友だち追加

この記事をシェアする

CONTACT

お店で直接相談したい方・
お問い合わせ・ご質問はここからどうぞ

法人契約・社宅等のご相談は
こちらからお問い合わせ下さい

INQUIRY

初期費用「最安値」宣言! お問い合わせはこちら

TOP