アブレイズコーポレーション

2021/11/20

住宅ローン減税について~令和4年12月末まで!



◆住宅ローン減税とは?

住宅ローンを使って住宅を新築、取得、増改築した場合は、居住開始年以降の最大13年間、所得税において住宅ローンの控除を受けることができます。これは令和4年12月31日までにその対象物件に居住を開始した場合のみ適用となります。


◆控除額を確認しよう!

住宅ローンの控除額は、その居住開始時期に応じて以下のとおりとなります。

※国土交通省ホームページより参照


◆令和4年12月までは控除期間が3年間延長!

新型コロナウィルスに対する経済対策として、令和4月12月末までに取得物件に居住した場合は住宅ローン控除の期間が3年間延長されます。この特例の適用を受けるためには、住宅の取得にかかった消費税が10%であり、①住宅の新築の場合は令和2年10月1日~令和3年9月30日までの期間に、②新築住宅・中古住宅の取得または増改築等の場合は令和2年12月1日~令和3年11月30日までの期間に、その住宅取得の契約が締結されていることが必要です。


◆控除額が最大600万円

また、控除期間のほかに、控除額も認定住宅(長期優良住宅や低炭素住宅)であれば最大600万円の控除、通常住宅の場合で最大480万円の控除と控除額も大幅に上がっています。


◆住宅ローン減税の申請方法

住宅ローン減税の申請方法や必要書類は以下のとおりとなります。

※国土交通省ホームページより参照


◆まとめ

現在、住宅ローン減税を適用することで、控除額の増額、控除期間の延長を受けることができ、かなりオトクに住宅を取得することが可能です。

また現在、住宅ローン減税で控除する割合を1%から0.7%に引き下げる議論が行われており、2022年度にて税制改正が行われる可能性が出てきましたので、今後の推移に注視が必要です。

現行の住宅ローン減税についての詳細は国税庁のホームページをご参照くださいませ。


国税庁ホームページ


なお、アブレイズ・コーポレーション東京駅本店では賃貸物件のみならず、売買物件もお取り扱い可能ですので、もしご不明点などありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。



ご相談はLINEでも受け付けております!

友だち追加


この記事をシェアする

CONTACT

お店で直接相談したい方・
お問い合わせ・ご質問はここからどうぞ

法人契約・社宅等のご相談は
こちらからお問い合わせ下さい