Facebook Instagram Twitter
アブレイズコーポレーション

2021/12/19

リノベーション物件に住むメリットとデメリット



◆リノベーション物件って何?

リノベーション物件とは、建物自体は古いが、室内をリフォームして最新の設備にしたお部屋のことを言います。

最近は資産価値を向上させたり、空室対策として物件をリノベーションして賃貸募集するケースが増えています。

水回りのみをリノベーションしている場合や、水回りだけでなく、フローリングや壁紙、間取りなども含めてフルリノベーションしている物件もあります。

このようなリノベーション物件にはどのようなメリットがあり、デメリットがあるのでしょうか?


◆リノベーション物件のメリット

リノベーション物件を検討する上でのメリットは以下のとおりです。

・築浅物件に比べて家賃相場が安い

・内装が新築や築浅物件のようにキレイ

・最新の室内設備が導入されている場合がある


◆リノベーション物件のデメリット

メリットがある反面、当然デメリットもあります。

注意しないといけない点もあるので、よく確認するようにしましょう。

・外観や共用部は古いまま、汚い場合がある

・窓周りのサッシや玄関扉などは古いままの場合がある

・窓周りのサッシが古い=断熱性能が悪い場合がある

・物件数が少ない


◆必ず内見して物件を確認するようにしましょう。

リノベーション物件は上記のとおり、室内がめっちゃキレイだからと言って決めてしまうのは危険です。

上記のようなデメリットもあるので、必ず内見はするようにしましょう。

特に窓周りや玄関扉などは特に分譲マンションの場合は改修されていないことが多いです。

また、共用部などの管理体制もよく見て納得されてから物件を決めるようにしましょう。


◆まとめ

オトクにきれいなお部屋に住めるリノベーション物件。

最近はリノベーション物件も人気が出てきています。

特にフルリノベーションされている物件はため息が出るぐらいキレイな物件もあります。

とはいえ、メリットだけでなくデメリットもありますので、よく見極めて検討すると良いでしょう。

また、不明点などは細かく不動産会社のスタッフに聞いて納得してから借りるようにしましょう。

アブレイズ・コーポレーション東京駅本店では、リノベーション物件も多くお取り扱いしております。

お客様のご要望をお聞きしながら丁寧に物件のご紹介をさせていただきますので、ぜひお問合せ・ご相談下さいませ。


リノベーション物件の一覧はこちら


東京で賃貸不動産をお探しなら、仲介手数料半額・仲介手数料無料のアブレイズ・コーポレーション東京駅本店までお気軽にお問い合わせください。



お問合せ・ご相談はLINEでも受け付けております!

友だち追加


この記事をシェアする

CONTACT

お店で直接相談したい方・
お問い合わせ・ご質問はここからどうぞ

法人契約・社宅等のご相談は
こちらからお問い合わせ下さい

INQUIRY

初期費用「最安値」宣言! お問い合わせはこちら

TOP