Facebook Instagram Twitter
アブレイズコーポレーション

2022/05/16

賃貸物件の内見は何件ぐらいすればよいのだろう?



◆賃貸物件の内見は何件ぐらい行けばいいのでしょう

賃貸物件の内見に行く際、どのぐらいの物件数を内見すればいいのでしょうか?

賃貸物件を内見する際、平均では2~6件程度が多いと言われています。その中で、1日で内見をできる数がおおよそ2~3件、多くて4件程度となります。

これから住む部屋を決めるための内見ですので、気持ちが入ってしまってたくさん内見したいという気持ちになってしまうかと思いますが、お部屋を決定しやすい適切な内見数というものがあります。


◆ベストな内見数は!

今日は結論から申し上げたいと思います。

ベストな内見数は2~3件。多くても4件。これが比較検討もしながら物件を決めやすい内見数となります。

また、1日で内見をするとして、ちょうど良いボリュームとなりますし、内見する物件がそれなりにエリアが広かったとしても対応ができる内見数となります。

もちろん、中には1件だけ見れば良い!っていう方もいらっしゃいますし、もっともっと物件を見たいという方もいらっしゃいますが、日々、お客様をご案内している私たちからすると、だいたい2~3件の内見で物件を決められる方が多いように感じます。


◆賃貸物件は比較検討すべき

上述のとおり、1件だけ物件を内見して物件を決める方もいらっしゃいますが、賃貸物件は何件か内見をして比較検討をした方が納得してお部屋を決めることができます。

家賃やエリア、設備などなど様々なお探しの条件がある中で、自分のお探しの条件に100%合う物件というのはなかなかないと思います。そのような中で内見するのにあたって、1件だけ内見しても「うーん・・・決められない」となってしまいます。

また、逆に何件も何件も内見をしてしまうと、どれがどの物件だかわけがわからなくなったり、混乱をしてしまい、やっぱり「うーん、決められない」となってしまいます。

ですので、内見数は少なすぎず、多すぎずで決めると良いでしょう。


◆内見を2日に分けてするのはどう?

数多くの物件を内見したいということで、2日間に分けて内見をしようと思う方もいらっしゃるかと思います。

賃貸物件は常に流通しています。

特に繁忙期と言われる毎年1月~3月頃は特に申し込みが入りやすい時期になっています。例えば、「今日見た物件がいちばんのお気に入りだけど、もう少し物件を見たいから明日も内見しよう・・・」と日をまたいでいる間に申し込みが入ってしまうなんて言うことも珍しくはありません。

ですので、ある程度は物件資料や間取り図の時点で物件数を絞っておいた方がよいかと思います。


◆内見のポイントやコツ!

アブレイズ・コーポレーションでは賃貸物件の内見に関するポイントやコツなど、内見に関する記事を書いておりますので、以下のリンクよりぜひあわせてご覧ください!


内見をする際に持ってきた方が良いものと注意点


内見する際の移動方法~車と電車どっちが良い?


雨の日の内見は実際のところどうなの?


◆まとめ

本日は賃貸物件の内見数についてお話ししました。

私自身も賃貸物件のご案内によく行きますが、2~4件ぐらいの内見数であることが多いです。

とはいえ、もちろん1件だけ内見して決定したお客様もいらっしゃいますし、複数日に渡って合計20件ぐらい内見したお客様もいらっしゃいます。

内見のコツとしては「比較検討ができるように複数件の内見をすること」と「物件資料や立地などである程度物件を絞っておく」です。

アブレイズ・コーポレーション東京駅本店では賃貸物件のご内見についても丁寧に対応させていただくよう心掛けております。

ご不明点などございましたらお気軽にご相談いただければと思います。


東京で賃貸物件をお探しなら、仲介手数料半額・仲介手数料無料のアブレイズ・コーポレーションまでお問い合わせください!



お問合せ・ご相談はLINEでも受け付けております!

友だち追加

この記事をシェアする

CONTACT

お店で直接相談したい方・
お問い合わせ・ご質問はここからどうぞ

法人契約・社宅等のご相談は
こちらからお問い合わせ下さい

INQUIRY

初期費用「最安値」宣言! お問い合わせはこちら

TOP